アルビレックス新潟小史

サッカーアルビレックス新潟   J1昇格の頃


付近に住宅ができて今この景色は撮れません

   アルビレックス新潟小史
 前史  1955年 新潟イレブンサッカークラブとして創部
新潟県サッカー協会は2002 FIFAワールドカップの開催地に立候補することを決定(翌1992年に新潟県議会でも可決[注 1])。ワールドカップ招致活動の一環として掲げられたプロサッカークラブの創設と短期間でのJリーグ加盟を実現するため、新潟県社会人サッカーリーグからのスタートとなるクラブの新設ではなく、天皇杯全国社会人サッカー選手権大会などの全国大会への出場経験を持つ北信越リーグの新潟イレブンSCを強化することになり、1995年、県サッカー協会の強化指定を受けた新潟イレブンSCを母体に新潟蹴友会の主力選手を加えてチーム名をアルビレオ新潟FCに改称した。ネット・ウィキペディアより
1996  チーム母体を法人組織として株式会社を設立。クラブ名をアルビレックス新潟に改称して臨んだ1997年は北信越リーグ連覇を果たし、日本サッカー協会及びJリーグより地域リーグ所属のクラブからは唯一となる1999年に開幕するJ2への参入を承認された。ネット・ウィキペディアより
 J2 1999  新設されたJ2で闘う。 
2002  2002 ワールドカップで新潟大会が決定したため、別途準備していた4万人規模の新潟スタジアムの設計に差し替えて建設され、2001に完成した。募集した愛称ビッグスワンとして親しまれている。
後にJ2アルビレックス新潟のホームスタジアムとなる。
 J1 2003  当時J2広島、川崎とJ2優勝争いをして
優勝しJ1昇格した。この頃は4万人ものサポーターが押しかけたものだ。 
  現 在 J1昇格当時の面影はなく、毎年降格ラインすれすれに位置していて、サポーター数も
ホームで
2万人を越えることは数少なく奮起が望まれる。 



鳥屋野潟より新潟スタジアム(ビッグスワン)を望む


サポーター入場風景




続々と入場するサポーター


満席のスタジアムでサポーター


J1昇格の頃は4万人のサポーターが押しかけた












健闘する選手たち

 

   




ナイター
*****************